AGAの内服薬と髪に栄養を与えるリアップ

日本で公式に承認されている薄毛治療薬の成分は2種類だけです。内服薬としてはフィナステリド、外用薬としてはミノキシジルです。フィナステリドは男性ホルモンを作る酵素の働きを抑制する作用があります。男性ホルモンは男性型脱毛症の原因なので、AGAには特に効果的とされています。
ミノキシジルは本来は高血圧の治療薬で、血管を拡張させる作用があります。これを頭皮に塗ると、血流が増加して多量の栄養分を運びます。毛母細胞や毛乳頭に栄養が行き渡ると、衰えていた細胞が活性化します。このようにミノキシジルの発毛作用は、毛根への栄養供給によるものと説明されています。
ミノキシジルを配合した育毛剤にリアップがあります。現在では有効成分を5倍に増やした商品も販売されていて、一層の発毛効果が期待できます。日本で製造され日本で認可された医薬品としては、リアップシリーズ以外の選択肢はありません。リアップは正式にライセンスを受けて製造販売されているので、育毛剤としては高価になります。同じ成分を含む安価なジェネリック医薬品は、海外から個人輸入の形で購入できます。ただし品質の保証はありませんし、外国人向けなので日本人の肌には合わないかもしれません。育毛剤も日本製でないと心配な人には、リアップが適当と言えるでしょう。
以上のように内服薬と外用薬は作用が異なるので、両方を併用しても問題はありません。むしろ併用すれば相互に効果を高めあうという研究データがあります。ただし内服薬は即座に効果が実感できるわけではなく、長く飲み続ける必要があります。こちらも安価なジェネリック医薬品が購入できるので、安全とコストパフォーマンスを考えて選んでください。



トップページへ